その息切れはCOPDです

その息切れはCOPDです

危ない「肺の隠れ慢性疾患」を治す!

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、炎症などで気道が狭くなったり、酸素を取り込む袋状のもの(肺胞)が壊れたりなどで、肺の機能が低下し空気を十分に吐き出せなくなる結果、正常な呼吸が困難になる病気。これを放置して症状が徐々に進行すると、身体を動かしにくくなり、運動機能が衰え、肺だけでなく全身的な病気を合併することも多く、大変危険なものである。

日本人の男性の死因の第8位、WHOの調査では2019年の世界の死因の第3位にランクイン。40歳以上の日本人の有病率は8.6%。つまり12~13人に1人は、このCOPDにかかっていると推測されている。

“息切れ""息苦しさ"が代表的な自覚症状として挙げられるこのCOPDだが、単なる運動不足によるものか、それとも病的なものかは、判別がしづらく、それゆえ「隠れCOPD」が日本には推定530万人以上いるといわれている。その自覚症状のあいまいさは、「肺」という臓器の特殊性にも起因している。

新型コロナウイルス感染症で「肺」「肺炎」に注目が集まる今、「COPD」を防ぐ方法や判別方法を伝えつつ、「肺」がいかに健気で重要な臓器であるかに言及する!

章立て

1章 あなたも隠れCOPDかも?

2章 「肺」という名のアンサング・ヒーロー

3章 長生きするために微生物から肺を守る

4章 ぜん息はコントロールするもの

5章 COPDと肺がんの関係

6章 呼吸が元気なら肺も心臓も働ける

7章 肺の元気度をチェックしよう

8章 肺の免疫力を上げる7つのヒント

作者紹介
石本修

1969年、兵庫県に生まれる。医学博士。日本呼吸器学会認定の呼吸器専門医および指導医。日本内科学会認定の総合内科専門医。「おきのメディカルクリニック」院長。1995年、東北大学医学部卒業。2002年、東北大学大学院医学系研究科医科学専攻博士課程修了 。卒後一年目で、医師として最初に看取った呼吸器内科の患者さんに、 十分な治療を提供出来なかったという思いから、呼吸器の診療と研究に従事することに。その後 20 年以上、呼吸器内科医として急性期病院に勤務、数千人の呼吸器患者の診療に当たり、肺CTを1万回以上読影してきた。2016年、仙台に「おきのメディカルクリニック」を開院。内科外来診療の傍ら、ブログで最新英語論文を一般向けに紹介している。