歯周病はすぐに治しなさい!

歯周病はすぐに治しなさい!

口腔から老化と心臓・腸・脳の大病がはじまる!

若返りも老化も、きっかけは「口の中」にあった!歯周病は“死愁病”!

成人の約8割がかかっているとされる「歯周病」。この病気がが単純に「口の中」だけの問題ではなく、腸内環境とも連動した恐ろしい病気で、認知症、糖尿病など、全身のさまざまな病気や老化、若返りと関係していることがわかってきました。

万病のもと、「歯周病」の悪化を防ぐもののひとつに「だ液」の力があります。唾液が減少する「ドライマウス」になると、歯周病だけでなく消化機能や免疫力、腸内環境にまで影響をおよぼすのです。そしてストレスにさらされやすい現代人は、ドライマウスのリスクが上昇しています。

インフルエンザや新型コロナなど感染症予防だけでなく、昨年、著者自らが被災者となった自然災害時のストレスケア対策となる唾液を減らさないための栄養サポート、そして日常に取り入れやすいセルフケア、トレーニング法も解説します。

歯周病はすぐに治しなさい!の関連画像1
歯周病はすぐに治しなさい!の関連画像2

ストレス対策はクチの中から始まる!

コロナ禍は、私たちに大きな身体的・精神的ストレスをもたらしています。ところが実は、昨年9月「令和元年房総半島台風」の被災者となった著者はその際に、驚くほど似通った状況に遭遇しました。ストレスと栄養の偏りによって、被災者の口の中の状態が急速に悪化していたのです。

被災生活でのタンパク質不足は唾液の有効成分を減少させます。また心労によるストレスは抗酸化物質を浪費し唾液腺機能を低下させ「ドライマウス」を引き起こします。これはコロナの外出自粛による食事の偏りやストレスの増加でも起きるリスクの高いものです。

そして災害やパンデミックに限らず、不規則な生活と多くのストレスにさらされる現代人には常に付きまとうリスクといえます。

ドライマウスは歯周病を悪化させ、脳卒中や心疾患、認知症やがんのリスクを上げることになるのです。

本書では様々な解決策を提案しています。

・唾液腺の機能をサポートする抗酸化物質・栄養素
・歯周病の原因菌を効率的にたたく3DS療法
・唾液の分泌を促すマッサージ、口腔機能のトレーニング

などです。 ご興味ありましたらお手にとってみて下さい。

章立て

序章 ビタミン欠乏!災害時こそ口の中が危ない

『令和元年房総半島台風』 自分が被災者になった日

被災者支援をスタート皆が急に老いてしまった ?!  

歯ぐきの出血が激化したSさん

治療だけが歯科医の役割ではない  

今までの常識では通用しない天候の変化 ?!  

健康トライアングルで老けない  

第1章 環境変化のストレスを、口の中のケアで和らげる

気づきにくいストレスは、あなたの体内年齢を引き上げる

ストレスホルモンが体を老けさせる

栄養の偏りが命取り!避難食の危険とは?

避難所に歯医者さん……は今や常識

歯磨きができない恐怖とは

口の中がカラカラの危険

口内環境最大の守り神・唾液に注目!

第2章 あなどれないスーパーヒーロー唾液の力

唾液は若返りのバロメーター

新陳代謝を促すEGF

認知機能の改善に働くNGF

不安に負けず、脳を活性化するBDNF

唾液が減ったら要注意!

柔らかい食事が老化を進める本当の理由

見た目年齢と体内老化は正比例

歯の老化は骨年齢を上げる

筋肉の老化「サルコぺニア」  

歯周病で血管年齢が上がる

噛めば神経が若返る  

栄養は吸収されて初めて意味がある

唾液を助ける抗酸化の助っ人ビタミンC

口の中の悪化は誤嚥のリスクを招く

あなたの飲み込む力は大丈夫?

マッサージで唾液が出る!

手に唾するのはネバネバ唾液?

唾液を出すにはうす昆布茶!

第3章 老化と大病の大敵!

知らずの炎症から始まる全ての病

頑張り屋さんは要注意 ?! 歯周病が悪化するとき

歯の数と体内年齢は比例する

肥満と歯周病のただならぬ関係  

血管が老いるとき  

歯周病が招く、動脈硬化から心筋梗塞の恐怖

口と腸は免疫ルートでつながっている

腸管免疫の巧妙なしくみ

腸内環境の乱れが、心を乱す

認知症は、口内発の脳の炎症?

自分の慢性炎症を知る方法  

歯周病は〝隠れ壊血病〟  

新型コロナ、口腔ケアと栄養サポートで感染予防

ビタミンC&ビタミンD3&亜鉛の実力

1日100円の栄養サプリメント予防術

歯周病・イン・USA

虫歯の菌が脳出血を引き起こす ?!  

歯周病自己チェック  

なかなか治らない口内炎はがんを疑え

第4章 歯医者が教える、その食べもので若返る

血糖値スパイクの危険災害を避けて人災に? 

問題は栄養の偏り

口の中の若さはタンパク質から

ビタミンCと鉄、相乗効果を発揮するよき相棒

改めて注目が集まるビタミンB・Dとは? 

丈夫な歯はミネラルパワーで

よく噛む食べものは歯にもいい  

「何でも噛んで食べられますか?」

噛めば噛むほどボケ知らず ?!  

サプリメントをよく知る効果  

栄養素で体を整える「オーソモレキュラー栄養」  

現代社会の毒は、抗酸化パワーでやっつける  

サプリで腸内環境を整える  

HGHサプリメントへ高まる期待  

石器時代に歯周病はなかった?  

オーラルフレイルは老化の第一歩  

おしゃべり筋トレで若返る

第5章 お口のケアは歯医者とのよいおつきあいから

歯磨き No. 1なのに虫歯が減らない理由

寝る前が歯磨きのベストタイミング

フロスを使いこなせば5歳は若返る ?!

美容院に行く頻度で歯医者に行こう!

歯石を取るのは当たり前、口の中の意識を高める

口の中がきれいなのは命を救う ?!  

抗菌薬よりビタミンC?  

にっくき歯周病菌を狙い撃ち……の除菌大作戦

歯のケアに舌トレーニングをプラスして若返る

赤ちゃんへの口移しを禁ずるよりお母さんの口腔ケア

一度失ってしまった歯は二度とは戻らない

あとがき~口の中から人生が変わる 

プレゼント画像

無料プレゼント

版元の株式会社さくら舎のご協力により、太っ腹な特別キャンペーンを開始します!

☆特典その1 
【期間限定】序章~第1章 PDF 45ページ分 丸ごと無料購読!
(ダウンロード期限 8月15日)

☆特典その2☆
撮りおろし解説動画
第1弾 ドライマウスと「UMAMI」
すでに本書をお持ちの方には内容の理解がより深まる、まだ購入頂いていない方は思わずポチりたくなる内容。新しい動画が追加された場合にはお知らせします

☆特典その3☆
カムかむ健康革命!歯科からはじめる歯っぴーライフ (森永宏喜 著)PDFプレゼント
ニコニコ楽しく歯医者に通うサラリーマン、ナオキをめぐる「歯と健康」のストーリー。歯周病への対処法、もっと健康になるための歯科医院の見つけ方など。(全57ページ)

☆ご応募頂いた方は、著者メルマガ「アンチエイジング専門医が語る:【歯科を味方にすると長生きする!】に登録させて頂きます。

作者紹介
森永宏喜

栄養を科学する抗加齢歯科医。歯科医師として日本初のA4M認定医(The American Board of Anti-Aging Health Practitioners,ABAAHP) 。日本アンチエイジング歯科学会常任理事、国際先進医療統合学会(WAAIM)理事、A4M Japan理事、点滴療法研究会ボードメンバー。オーソモレキュラー栄養学を基軸として、健康寿命延伸における歯科の重要性啓発の講演を各地で行う。著書;歯周病はすぐに治しなさい! ―口腔から老化と心臓・腸・脳の大病がはじまる! (さくら舎)、口腔内環境改善法 アンチエイジングは〝口の中〟から(KKロングセラーズ)、歯科から始めるアンチエイジング栄養学(デンタルダイヤモンド)、全ての病気は「口の中」から!(さくら舎)など。1988年東北大学歯学部卒。